ナメクジ 塩 浸透圧

ナメクジを塩で駆除できるのは浸透圧?

スポンサーリンク

ナメクジ対策といえば塩ですよね。
塩をかけるとナメクジはきゅっと小さくなってすぐに駆除することができます。
いったいどんな仕組みでナメクジを駆除できているのでしょうか。
今回は塩とナメクジについてです。

 

ナメクジが塩をかけると縮むのは浸透圧が関係しています。
どんな仕組みなのでしょうか。
まずナメクジというのは、ヌメヌメした体やじめじめした環境を好んでいることからわかるように、水分量の多い体をしています。
塩をかけると、水分が体外に放出されてしまうので、水分がどんどんなくなりしぼんでしまうのです。

スポンサーリンク

ナメクジの体には、よく見ると小さい穴を発見することができます。
この穴からイオンが通過することができます。
そのため、塩をナメクジにかけると、この穴を通して水分が行き来して、なんとか体の中と外で塩分濃度を一定に保とうとします。

 

当然体塩が付着しているわけですから、水が体から抜けて、体内の塩分濃度を上げようとするのです。
しだいに水が抜けていって、体がしぼんでしまうのです。
なんで塩だけなのと思うかもしれませんが、実際には砂糖をかけても同様の効果があります。
あくまで濃度を一定にしようと水分が行き来するので、砂糖でも塩と同じくナメクジを駆除できます。

 

この浸透圧のメカニズムによって、ナメクジの水分が抜けてしまいますから、
ナメクジを駆除できてしまうわけですが、これは水をかけても元のもどりません。
ナメクジからすると塩一発で死んでしまうわけですから、恐ろしいですよね。

スポンサーリンク